コラーゲンペプチドって何?

コラーゲンペプチドとは

 

コラーゲンペプチド

豚や魚や牛を原料とし、ゼラチンを酵素の力を使用して分解し、さらに細かくしたものになります。体内で吸収しやすい状態になっている高純度のたんぱく質になります。低分子コラーゲンとも呼ばれています。

 

コラーゲンペプチドは冷却してもゼリー状にはならないので

 

飲料やスープ類などに使用した場合、大量に配合することが可能ということになります。

 

逆を言えば一般的なコラーゲンは大量に配合するとゼリー化してしまうという事です。

  • 栄養補助食品
  • 健康食品
  • 薬用化粧品

一般的なコラーゲンよりもさらに様々な分野に使用することが可能です。コラーゲンペプチドは効率よくコラーゲンを摂取することが出来る状態ということになります。

 

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いを教えて!

コラーゲンとコラーゲンペプチドの違いですが、コラーゲンもコラーゲンペプチドも構成するアミノ酸の組成はほぼ同じです。

違いは分子量になります

コラーゲンはアミノ酸が鎖のようにつながって三重のらせん構造になっています。コラーゲンの分子量は約30万から36万で、コラーゲンが熱などによってらせん構造が解けた状態のゼラチンは、数百から数十万となります。

 

ゼラチンを酵素分解させたコラーゲンペプチドだと、数百から数千になります。

 

コラーゲンペプチドは

熱を加えたり

 

冷却したりしても

 

変わりにくい性質があるので、サプリメントやドリンクに使用されることが多いです。吸収率に関してはコラーゲンよりも高いという結果が出ています。

 

コラーゲンペプチドって一日にどれくらい摂取したら良い?

一日にどれくらい摂取したら良い?

コラーゲンペプチドの一日の摂取量ですが、とくに決められていません。体内のコラーゲンは年齢とともに減っていきます。毎日食事などから摂取しておぎなっていく必要があります。

 

目安としては一日5グラムから10グラムになります

一日5グラムから10グラム

日本人の平均的な摂取量は1.9グラム程度なので、日本人の食生活は明らかに不足していることが考えられます。健康的な生活を送りたい人は5グラムを目安に摂取するようにし、美肌効果を期待したい場合は一時的に10グラムを目安に摂取することをおすすめします。

 

食事からのみ摂取するのが難しい場合は

 

サプリメントや食べるコラーゲンなども上手に利用して摂取しましょう。サプリメントなどの製品を買う際は、パッケージに書かれている配合量を確認しましょう。

 

 

>>食べるコラーゲン口コミランキング TOP