食べるコラーゲンは効果はないのでしょうか?

食べるコラーゲンは効果ある?

お肌のために食べるコラーゲンを使用している人は多いでしょう。しかし、中には効果はないと感じたり、そのような記事を見たことがあることもあるでしょう。コラーゲンは体内に入ると分解されてしまうので効果はないと言われていた時期もありました。

ただ新しい研究により、分解されずにコラーゲンペプチドとして吸収されることが分かりました

 

コラーゲンペプチドは

 

コラーゲンペプチド

そのままコラーゲンになるわけではありませんが、お肌を作る元になる細胞を作り出すのでハリを与えることができます。食べるコラーゲンは科学的に見ても効果があるということが分かりました。

 

ただ1度食べたくらいでは、すぐに美肌になるというわけではありません。

食べるコラーゲンは継続して食べることが必要なのです

コラーゲンとはタンパク質の一種

タンパク質の一種

そもそもコラーゲンとは、タンパク質の一種で消化や吸収の段階でアミノ酸などに分解される性質を持っています。

 

お肌だけでなく、血管などコラーゲンは体内の様々な部位に存在しています。体の中にあるタンパク質のうち、コラーゲンは1/3を占めているほどです。

 

食べるコラーゲンやフカヒレなど

 

フカヒレ

コラーゲンを多く含まれるものを食べても、コラーゲンは分子構造が大きいためにそのまま吸収されることはありません。

 

アミノ酸などに分解されてから、体内に吸収されるようになります。コラーゲンペプチドも分解された後の状態になりますが、そのまま体内に存在することができ、血液を通して全身に運ばれます。

美肌効果は期待できるです

食べるコラーゲンは効果がないという説は、アミノ酸に分解されてしまうことから生まれました。しかし、アミノ酸だけでなく、コラーゲンペプチドになるということが分かってから、効果はあるということが確認されました。

美肌効果がありますが食べるコラーゲンは薬ではない

継続が力

1度食べたからと言って、すぐにお肌がツルツルになるということはなく、継続的に食べることで少しずつ効果を発揮します。コラーゲンペプチドがお肌の弾力を保てるのは1日程度という説もあります。高い濃度のものを毎日食べることが必要になります。

 

食べるコラーゲンには、においや食感、味などメーカーによって様々な違いがあります。自分に合ったものを見つけることが大切です。

 

 

>>食べるコラーゲン口コミランキング TOP